ブログ

Blog

『季節性うつ病』と、その対策方法について

目次

『季節性うつ病』と、その対策方法について

 いよいよ9月も後半になり、朝晩が過ごしやすい季節となりました。
 夏が終わり、秋から冬に季節が変わる頃になると、「うつの症状がでやすい傾向にある」というのを、ご存知でしょうか?

 このような季節変動によって発症するうつ病を「季節性うつ病」といいますが、
発症する原因は、日照時間がだんだん短くなることによって、脳内の神経伝達物質のひとつである「セロトニン」の量が不足するからと言われています。

 では、どうしたら季節性うつ病を克服できるでしょうか?

うつ病対策その1

 日照時間が短くなると、脳内の「セロトニン」の量が不足すると言われていますが、
そのセロトニンの量を正常にするために大事なことは、『朝日を浴びる』ことです。

 朝日を浴びることで、セロトニンが分泌され、体内時計のリズムも調整されます。
 すると、睡眠のリズム、生活のリズムのバランスもよくなり、うつ病の予防にもつながります。

 真夏と比べて、これからの時期は寝やすくなるため、ついつい過眠になりがちですが、朝日を浴びるために、早起きをし、カーテンを開けると同時に、窓もほんの4~5分でもよいので開けてみてください。

 窓を開けて外から新鮮な空気を取り入れることによって、寝ている間に部屋の中に滞っていた『気(エネルギー)』が、入れ変わります。

 部屋の空気感が変わると、気持ちも快適で、朝から新鮮な気分が味わえることを実感できるでしょう。
 気(エネルギー)というのは、目には見えませんが、なんとなく感覚として変わったなということが、わかっていただけると思います。

うつ病対策その2

ブログ一覧

ページの先頭へ